IT/Web業界の ビジネス用語
Web関連

【随時更新】IT/Web業界で聞いたビジネス用語まとめ

マーク
マーク
こんにちは、都内でWebマーケターとして働いているマーク(@markbloggg)です。

これまで制作業務から広告領域で数社働いてきた著者ですが、
いつの頃からか、様々なカタカナ用語が猛威を振っているように感じるのです。

確かに専門用語で必要なカタカナなのかもしれません。
しかし日本語で言えばいいのではないか?と思う場面もあります。

時に意味が分からないず「?!」とフリーズした経験がある著者です。
同じ経験をされない様、お読みくださる方の一助になれば幸いです。

意識高い系というカテゴリーがある

カタカナ後=意識高い系と混同しそうですので、一度整理をしたいと思います。

意識高い系(いしきたかいけい)とは、自分を過剰に演出する(言い換えれば、虚栄心が強い)が中身が伴っていない若者、前向きすぎて空回りしている若者、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己アピールを絶やさない人などを意味する俗称である。

大学生に対して使用されることが多いが、ビジネスマンや主婦など若者・学生以外の層に対して使用される場合もある。「意識高い系」の特徴として、自己啓発(ボランティア・政治)活動や人脈のアピール、あえて流行のカタカナ語を使うなどが挙げられる。嘲笑の対象として「意識高い系(笑)」と表記されることもある。
出典:ウィキペディア(Wikipedia)

IT/Web業界に身を置く端くれとしましては、全てのカタカナ後が無用とも思いません。
用法用量を守って正しく使いましょうって事が言いたいのです。

多様しすぎると参考サイトのように、イラッとされるので気を付けましょう。

 

ビジネス用語まとめ

実際に耳にした物を記載していきます。
業種が違えば、まだまだあるのでしょうね。

ア行のビジネス用語

アサイン
アジェンダ
アテンド
イニシアチブ
アイスブレイク
アジャイル
アセット
アライアンス
インプ(インプレッション数)
インバウンド
エスカレーション
エビデンス
ABテスト
LP
オンスケ
オリエン

カ行のビジネス用語

キャパ
クリティカル
KGI(ケージーアイ)
KPI(ケーピーアイ)
コスパ
コミット
コンセンサス
コンバージョン
コンプライアンス

サ行のビジネス用語

サードパーティー
サマリー
シェア
シナジー
ショート
ジャストアイディア
シュリンク
スクリーニング
スキーム
スケール
スコープ
セグメント
CVR(シーブイアール)
CPA(シーピーエー)

タ行のビジネス用語

タイト
タスク
デッドライン
テレコ
デフォルト
ドライブ

ナ行のビジネス用語

ニアリーイコール
ノーリターン
ナレッジ
ニッチ
人月(ニンゲツ)
ノウハウ

ハ行のビジネス用語

バイアス
バジェット
バッファ
PV(ピーブイ)
PDCAサイクル
BtoB / B2B
ヒューリスティック
ビジネスモデル
ファーストビュー
ファクト
フィードバック
フィックス
フェーズ
プライオリティ
フレキシブル
ブラッシュアップ
ブランディング
DAU
プッシュ
ブルー・オーシャン
プレゼン
ブレスト
ベストプラクティス
ベネフィット
ペルソナ
ペンディング
ボール
ポジショニング
ボトルネック

マ行のビジネス用語

マイルストーン
マター
マネタイズ
マージン

ヤ行のビジネス用語

ユーザー
ユーザビリティー

ラ行のビジネス用語

レギュレーション
リスクヘッジ
リスケ
リテラシー
リソース
レッドオーシャン
ローンチ
ロングテール
ROI(ロイ)-(Return On Investment)
ROAS(ロアス)-(Return On Advertising Spend)

ワ行のビジネス用語

 

 

最後に

マーク
マーク
いかがでしたでしょうか。何となく雰囲気でわたしも使ってしまっていますが、相手に伝わる事を意識して言葉を選びたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。