フロントエンドエンジニア
スキルアップ

フロントエンドエンジニアになる方法〜将来性と求人動向

マーク
マーク
こんにちはマークです。

未経験の方がフロントエンドエンジニアの実際の業務内容って何なのか?
フロントエンドエンジニアになるために必要なスキルを紹介していきます。

具体的な業務内容

フロントエンドエンジニアはデザイナーが設計したデザインをHTMLやCSSといった言語で、ブラウザに表示できるようにコーディングする職業となります。

近年はCMSや様々なデバイスを想定したレスポンシブデザイン、APIやSEOを意識した軽量化やサイトの高速表示化も想定しなければなりません。ITの発展にともない、よりスキルの高い専門家としての側面が強まったように感じます。

HTMLコーディング

HTMLやCSSを駆使しデザインデータをコーディングします。JavaScript・PHPも使い、HTMLコーダーよりも幅広い専門的なスキルが求められます。

CMSを使ったサイト構築

WordPressなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)構築やカスタマイズを担当します。ちなみにこのサイトもWordPressで構築されているものです。

HTMLやWebについてあまり知識のない人でもブログが簡単に更新できるのが特徴です。

デザイナー・プログラマーとのパイプ役

完成したデザインをWebサイトと機能させる役割をフロントエンドエンジニアが担います。またWebサービスであればプログラムを組み込む必要があるので、HTMLファイルをプログラムーに渡すというのが日常的に発生します。

そう言った意味からもデザイナー・プログラマーとの橋渡し的な役割が求められます。

フロントエンドエンジニアになる方法

Webデザイナーと同じで資格は必要ありません。
端的に言えばHTML・CSSの基礎的な知識があれば就業出来る可能性が非常に高いです。

先ずはサイトの運用更新等の募集を見つけ派遣社員からキャリアをスタートというのが就業までの最短距離に思います。

求められるスキル・知識

  • HTML、CSS、JavaScript、PHPのプログラミング言語を扱うスキル
  • 運用し易い汎用性の高いソースコードを書く技術
  • Webサイトの仕様を正しく理解する読解力
  • 社内外の関係者と連携を図るコミュニケーション能力