iPhone利用
テクノロジー

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

mark
mark
こんにちは、Webマーケターのmark(@markbloggg)です。
この記事ではiPhoneのバッテリー寿命を延ばす為に、気をつけた事をまとめました。

毎日zoomや動画視聴しているハードユーザーですが、
2年経過後、バッテリー最大要領88%を達成したやり方をお伝えします。

この記事はこんな人にオススメ

  • iPhoneのバッテリー寿命を少しでも伸ばしたい
  • iPhoneバッテリーの減りが早い気がする
  • バッテリーの効率的な使い方を知りたい

 

リチウムイオン電池の特製を知る

電池残量ゼロ

繰り返しの充電と放電が可能

リチウムイオン電池は、くりかえしの充電と放電に適していると言われています。
ニッケル水素充電池と違い、継ぎ足し充電でも要領が減りにくい。

満タンの長時間充電は劣化の原因

リチウムイオン充電池は過充電(満タンになっても充電を続ける事)で寿命を縮めてしまう特性があるようです。また同じくらい電池をゼロにしてしまうのも構造上ダメージを受け、
電池の容量が減少していきます。

温度変化に弱い

最高許容周囲温度は「45℃」と規定されているようです。
iPhoneの操作をしながら充電すると良くない、というのは温度上昇が起こるからですね。

バッテリーの駆動時間を長持ちさせる方法

画面の明るさをなるべく暗くする(おすすめ度

 

画面の明るさの自動調節をオンにする(おすすめ度

 

自動ロックまでの時間を短く設定する(おすすめ度

 

バッテリーの劣化をチェックする(おすすめ度

 

位置情報サービスを無効にする(おすすめ度

 

不要な通知を無効にする(おすすめ度

 

視差効果を減らす(おすすめ度

 

バッテリーの最大要領を長持ちさせる方法

冒頭リチウムイオン電池の特性でも触れた事を知る事で、
知らずに寿命を縮めているという事を減らせるはずです。

充電しながら携帯を操作しない
充電が満タンの状態での過充電をしない
電池がゼロになるまで使用せず、計画的な充電を心掛ける

さいごに

いかがでしたでしょうか?

mark
mark
最後までお読みいただき、ありがとうございました。