Webディレクターイメージ
スキルアップ

Webディレクターになる方法〜将来性と求人動向

マーク
マーク
こんにちはマークです。

未経験の方がWebディレクターの実際の業務内容って何なのか?
Webディレクターになるために必要なスキルを紹介していきます。

具体的な業務内容

Webディレクターの主な仕事内容はクライアントへの提案、スケジュール管理、制作物の品質管理とWebサイトを構築する際の現場監督的な役割を担います。
基本的には複数の案件を同時に進行する事が多く、スケジュール管理能力とクライアント、プロエクトメンバーとの密なコミュニケーション能力が求められます。

また、クライアントへの提案、プロジェクトメンバーへの指示においてWebサイトのデザイン、サーバー構成、SEOやマーケティング等の基本的な知識がないと厳しい局面が多い様に感じます。
Webデザイナーのセカンドキャリアとして、転身する人も多いです。

要件整理

制作するWEBサイトの完成形をクライアントとすり合わせを行い、
社内の制作チームと内容やスケジュール感を整理していきます。

進捗管理・品質管理

制作の各担当者に指示を出し、都度進捗に遅れがないようにスケジュールを管理します。
トラブル等で遅れが見込まれる時はクライアントへの説明等の交渉も行います。

 

Webディレクターになる方法

Webディレクターのアシスタントであれば未経験で求人は比較的多いように感じます。
先輩等の業務を手伝いながら業務の流れや必要な知識を習得していきます。

求められるスキル・知識

  • クライアントも気がついてない課題を解決する為の高いコミュニケーション能力
  • 社内の制作チームのモチベーションをコントロールする調整力
  • 納品までやり切る責任感